シュタイナー教育・幼児教育・教材とクラフトの販売 天花地星 サイトマップ
天花地星 通販部 住所 電話


トップ >  > オイリュトミー > IAO(イーアーオー)〜人間の魂を代表する3つの響き〜

IAO(イーアーオー)〜人間の魂を代表する3つの響き〜


IAO(イーアーオー)〜人間の魂を代表する3つの響き〜 オイリュトミー
講演者:ミヒャエル・デーブス
翻 訳:香川 裕子
著 者:藤井 馨子

東京で行われたミヒャエル・デーブス氏の講演「IAO〜キリストの覆いとしての驚嘆、共感、良心〜」(2014年7月)と、オイリュトミスト藤井響子さんの「IAOについて〜その響きの起源と本質〜」が掲載されています。

「 IAOには様々な側面があります。この響きが最初に取り上げられたのは、1904年から1914年までシュタイナーが行っていたエソテリック・シューレにおいてでした。それが1912年にオイリュトミーの最初の練習として登場し、今では教育やオイリュトミー療法の現場において、なくてはならない練習の一つとなっています。また第一ゲーテアヌムの天井画にもIAOの絵が描かれていますし、アントロポゾフィーにとって大切なシュタイナーの「礎石のことば」のオイリュトミーの中でもこの響きが重要な役割をはたしています。
 そこで、これをきっかけに、IAOの全体が見えるように、末巻に「オイリュトミーのIAOについて」を加えました。これら様々な側面をまとめることにより、オイリュトミーを学んでいる方々がIAOの意味を深く知り、その本質に少しでも近づき、IAOの練習をさらに深めていける助けになればと思ったのです。」(藤井 馨子「刊行によせて」P5より)

<目次>
刊行によせて

ミヒャエル・デーブス氏講演
IAO〜キリストの覆いとしての驚嘆、共感、良心〜
第一部 キリストの秘密
 死を体験した唯一の神キリスト
 ルチファーの特別さとキリストの普通さ
 ルチファー的な憧れから道を踏み出すこと
 キリストの地上的な道と受肉
 キリストの器としての理想的な人間
 一人の人間になった二人のイエス
 血の秘密
 キリストの覆いを創ることに呼ばれる人間
 グループ・ワーク
第二部 良心について
 二つの自我の体験
 第2七年期の良心―権威による道徳性
 第3七年期の良心―内的な権威
 意志に訴える個的な良心
 本来の道徳性としての自己同一性
第三部 キリストの覆いとしての驚嘆・共感・良心
 共に苦しむという意味での共感
 驚嘆
 三つの関係性に逆行する現代の方向性
 驚嘆・共感・良心とIAO
 イエスになる道
 キリスト以前のI-O-A
 キリスト以後の世界におけるIAO
 世界・隣人・自分とのキリスト的関係
 西からの叡智の流れとキリストの再臨
 キリストの顔(かんばせ)における驚嘆・共感・良心
質疑応答
 道徳性と第五エーテルについて
 道徳性を強める行 - 振り返リ

オイリュトミーのIAOについて〜その響きの起源と本質〜
―藤井馨子
I.オイリュトミーの練習としてのIAO
  I-1.ローリー・シュミッツヘの課題
  I-2.I、A、Oの響きの性質、作用、所作の練習
  I-3.オイリュトミー療法のIAO
  I-4.魂の三つの働きとの関連
  I-5.IAOの練習のヴァリエーション
II.I、A、Oにおける色の体験
III.オイリュトミーの前段階―エソテリックシューレ
  III-1.朝の練習
  III-2.晩の練習
  III-3.自分の中のキリストの作用を感じる練習
IV.I、A、Oの並びのヴァリエーション
  IV-1.AOI
  IV-2.IOA
  IV-3.AIO
V.オイリュトミー作品中のIAO
  V-1.ゲーテ「神性(Das Gottliche)」
  V-2.ルドルフ・シュタイナー「礎石のことば」
VI.結び
訳者あとがき

本の大きさ:横 約14.7cm×縦 約21cm×厚み 約9mm
105ページ



[ご注文]
IAO(イーアーオー)〜人間の魂を代表する3つの響き〜 オイリュトミー
IAO(イーアーオー)〜人間の魂を代表する3つの響き〜
2,000円(税込)
購入個数・・・



シュタイナー教育・教材とクラフトの販売 おもちゃ 手仕事
お問い合わせ
Copyright © 2004-2017 press328.com All Rights Reserved
 
Produced by press328.com in 6core