シュタイナー教育・幼児教育・教材と雑貨 天花地星 サイトマップ
 トップ > > キリスト者共同体 > カルマ的・宇宙的関連から観た人生[ルドルフ・シュタイナー講演集]

カルマ的・宇宙的関連から観た人生[ルドルフ・シュタイナー講演集]

[][キリスト者共同体]
カルマ的・宇宙的関連から観た人生[ルドルフ・シュタイナー講演集] キリスト者共同体 本
ルドルフ・シュタイナー(著)
丹羽 敏雄(訳・解説)
ルドルフ・シュタイナー講演集[カルマ的関連の秘教的考察]
プラハにおける4回の講演(1924.3.29〜4.5)
「人は人間に出会い、そして双方の人間の今後の運命を一緒に演じ、これまでの人生全体を、深い節目となるやり方で変えます。そのようなカルマ的な出会いには、過去に関わる月のタイプと、未来に関わる太陽のタイプがあります。太陽と月が星界において、互いに関係しあっているように、私たちの月的なもの、過去は、私たちの太陽的なもの、未来に繋がっています。運命はまさに人間の中で現在を通して過去から未来へと継続していきます。

私たちが考え、感じ、感受するものは、ここ地球上では、あたかもそれが私たちの皮膚の中に閉じ込められているかように、マーヤの形で現れます。死後生においては、私たちが内部で考え感じることや心情で発達させるもの、それは世界全体に属し、世界全体の中に働きかけます。

アントロポゾフィーは、基本的にそれが単に私たちの頭に語るのではなく心臓の中に、超感覚界において、超感覚界の存在たちを通して私たちが受け取ることができる印象について、1つの感情、1つの知覚、気づきを発達させるとき、初めて本来正しいものになります。」(本文より)
人間が再びカルマに、本当のカルマに帰っていく、本当のカルマを生き尽くすための・・・宇宙からの一条の光、カルマ認識の書:『カルマ論全集(日本では未訳の3巻〜6巻)』第5巻に収められたGA239の一部(16回中の4回分の講演)の邦訳
[目次]
  • 訳者による序文
  • I.プラハにおける4回の講演
    • 第1講演、プラハ、1924年3月29日
      私たちの文明の誤り。原叡智。秘儀における覚醒と原教師。月の存在たちと太陽の存在たち。人間の運命の把握のための観点。ガリバルディ。
    • 第2講演、プラハ、1924年3月30日
      アカーシア年代記。太陽の負空間と太陽存在。ヒエラルキーたちの協働作業とそれらの死後の人間への影響。死後生活におけるエーテル体を通しての星々の秘密の把握。道徳的・エーテル的な星々の書き物を通しての、後の人間諸器官の準備と仕上げ。1つの地上生からもう一つの地上生へと導く魂的なつながり。これらの諸力の変容。病気の本質を見抜くこと。
    • 第3講演、プラハ、1924年3月31日
      自然の秩序の領域における肉体の中の、そして高次のヒエラルキーの領域における霊体の中の人間の生活。霊界の諸映像と諸行為は人々に現れ、そして彼らの降下において精算への願いを実現させる---ゴルゴダの秘儀とムハンマド主義。アラブ主義と十字軍によるヨーロッパの思考形式への影響。ハールーン・アッラシッドの宮廷と、その学問と芸術への保護。ヴェルラムのベーコンとアモス・コメニウス。1つの時代からもう一つの時代への魂の移行と発展。歴史的考察の現実。
    • 第4講演、プラハ、1924年4月5日
      私たちはコスモスを理解するときにのみ人間の本性を理解する。1つの人生の諸行為のもう1つの人生への移行の例。ガリバルディーの仲間。バイロン卿。マルクス。ムアウイア-ウイルソン。---2度生まれる者。太陽の秘儀に関する失われてしまった1つの劇的な叙事詩:知力の犠牲の下での人間本性の変容。ルドルフ・シュタイナーに対するモーリス・メーテルリンク。
  • II.カルマ論を通して人生と人間の本質を探る
    --- 月のカルマと太陽のカルマの間にある人生とヒエラルキー存在 ---
    (訳者による解説)

寸法:横 約14.8cm×縦 約21cm×厚み 約10mm
128ページ
   
[ご注文]
カルマ的・宇宙的関連から観た人生[ルドルフ・シュタイナー講演集] キリスト者共同体 本
カルマ的・宇宙的関連から観た人生[ルドルフ・シュタイナー講演集]
2,530円(税込)
購入個数・・・



 トップ > > キリスト者共同体 > カルマ的・宇宙的関連から観た人生[ルドルフ・シュタイナー講演集]
Copyright © 2004-2022 press328.com All Rights Reserved
上に戻る▲