シュタイナー教育・幼児教育・教材と雑貨 天花地星 サイトマップ
お知らせ2024年5月25日〜28日まで臨時休業します。
買い物かごは通常通り使用できます。→詳細はこちら
 トップ > > 子育て > 9歳児を考える

9歳児を考える

[][子育て]
9歳児を考える 子育て
ヘルマン コェプケ(著)
森 章吾(訳)
シュタイナー教育から考える 生涯で最も重要なとき
ひとは誰しも9歳前後の2年くらいのあいだに、ある大切な節目を迎える。
...そしてそこで ある種の衝撃を体験する。

本書は、父母と教師の話し合う様子から始まり、教育上の具体例を手がかりにして、9才という特別な状況にある子どもたちを、どのようにすれば 手助けできるのかを、わかりやすく丁寧に解説する。(本書オビ文より)
[目次]

  • はじめに
  • I. 9歳の子供
    • 1. ペーターの両親との話し合い
    • 2. モニカの両親との話し合い
    • 3. 父母会にて
    • 4. 9歳のときの偉人たち
  • II. 9歳という年齢の人間学的側面
    • 5. 第2七年期
    • 6. 7歳児と12歳児の比較
      • 四肢の領域
      • 頭部の領域
      • 胴の領域
      • 身体と結びついた反感の例
      • 共感によって外界から影響される例
      • 要約
    • 7. 9歳の節目にある子供
      • 自分の家の中での引っ越し
      • カリキュラムはいかなる助けになるか
      • 思考、感情、意志の発達障害
    • 8. 自我の受肉
    • 9. 校医の視点から
  • 補追
    • 10. 強い若木
    • 11. 〈月の交点〉の半分
    • 12. 歯の生え換わりにおける逆転
      • 1-3年度のフォルメン線描に対するシュタイナーの助言
  • 参考文献
  • 訳者あとがき
本のサイズ:横 約12.8cm×縦 約18.8cm×厚み 約1.5cm
216ページ
   
[ご注文]
9歳児を考える 子育て 本
9歳児を考える
2,200円(税込)
購入個数・・・




 トップ > > 子育て > 9歳児を考える
Copyright © 2004-2024 press328.com All Rights Reserved
上に戻る▲