シュタイナー教育・幼児教育・教材と雑貨 天花地星 サイトマップ
 トップ > > 子育て > 子どもの叱り方

子どもの叱り方

[][子育て]

子どもの叱り方 子育て
エーリッヒ ガーベルト/ゲオルク・クニーベ(著)
森 章吾(訳)
「子どもの教育と自己教育における《罰》」
シュタイナー教育を始めたころ 私もよく勘違いをしましたが、「子どもを叱らないこと」は 決して子どものためにはなりません。
「子どもを叱ること」、はとても大切で 奥深いものだと思います。子どもは 大人が毅然としていることを望んでいます。はき違えた自由を与えられた子どもは 畏敬の念をもつことができず 安定していることができません。《叱る》ことは 子どもにとって必要なことなのです。一方で 感情にまかせて 怒るのも望ましいとはいえません。《叱る》ことについて 多くの示唆を与えてくれる一冊。

以下 本書オビ文より
子どもを《叱る》 という この困難な問題をシュタイナー教育の観点から深く考察し 実践的な指針をも与えてくれる稀有な書。
《怒りの背後には より高次なものが感じ取れなくてはならない》
日記もご覧下さい

[目次]
  • はじめに
  • 第一部 自己教育と罰
    • 自らの行いや過ちとのかかわり
    • 痛み
    • 罰による意識の深化 ---ルドルフ・シュタイナーの考え方
    • 死後の浄化の時とは罰なのか?
    • 追想と自己認識 
    • 学びの続きとしての再受肉
  • 第二部 子どもの教育における罰
    • 新しい子ども象
    • 痛みを避ける ---私たちの時代の傾向
    • 幼い子供が経験によって学ぶとき
    • 望ましくないかたちの罰
    • 正しい罰の四つの要素
    • 体罰は必要でしょうか
    • 罰を与えた後で意識がより目覚めるように
    • 現代における子どもの魂の変化
    • ルドルフ・シュタイナーの人間学
    • 教育者の自己教育
    • 展望
  • 訳者あとがき
本のサイズ:横 約12.8cm×縦 約18.8cm×厚み 約1.5cm
222ページ

 
 


[ご注文]
子どもの叱り方 子育て 本
子どもの叱り方
2,200円(税込)
購入個数・・・



 トップ > > 子育て > 子どもの叱り方
Copyright © 2004-2021 press328.com All Rights Reserved
上に戻る▲