シュタイナー教育・幼児教育・教材と雑貨 天花地星 サイトマップ
 トップ > > バイオグラフィーワーク入門[新装版]

バイオグラフィーワーク入門[新装版]

[]
バイオグラフィーワーク入門 新装版 教育 本
グードルン・ブルクハルト(著)
樋原裕子(訳)
「私はどこから来て、どこへ行くのか。
アントロポゾフィー医学から生まれた、自伝的な文章や詩、絵などをかくことによってそれまでの自分の人生をみつめなおすとともに、他者への理解を深め、よりよい未来をきりひらくための実践の数々。混沌の時代にあって私たちの生きる意味を考えるバイオグラフィーワークへのはじめての入門書。」(オビ文より)
「本書が出版されて十六年経ちました。その間に、バイオグラフィーワークはより多くの人々に知られらるようになり、2001年に始まった日本でのバイオグラフィーワーカー養成コースはその後、バイオグラフィーワーク・ジャパンによって担われ、すでに多くの卒業生を送り出しています。アントロポゾフィー医学についても、より多くの文献で紹介されるようになりました。そのような変遷の中で、より相応しい言葉を選ぶために、今回訳語をいくつか変更しました。
長らく品切れとなっていた本書が新装版として刊行されることに心から感謝します。時代は地球環境課題、コロナ禍、戦争と、より人類にとって混迷を極めたものとなっています。国家や社会、個が分断されていく中で、またインターネットやAIが支配を強めていく中で、自我を持った個と個が互いに出会い、理解し合い、真に繋がることは可能なのでしょうか。分断と痛みを超えて人間として、その霊性を回復することへの希求と共に、人生や運命への問いかけはますます高ります。今のこの時代を生きる意味が求められています。バイオグラフィーワークは、単に「私」の運命の意味との出会うだけではなく、「あなた」と人類の運命の意味を与えてくれ、この混沌とした時代に、新たな意識の関係性や結びつきを創り出す力を与えてくれます。本書が、今直面している時代の要請と問いに応える鍵と力になることを願っています。」(P313「訳者あとがき」より)
[目次]
  • まえがき
  • 謝辞
  • はじめに
  • 第1部 人間のバイオグラフィーの法則性
    • 1. 人生の概観
      • 1‐1 バイオグラフィー1
      • 1‐2 バイオグラフィー2
    • 2. 21歳までの成長過程「人間になりゆく」--- 人生の準備期
      • 2‐1 21歳
    • 3. 21歳から42歳までの段階「人間である」--- 魂の成長期
      • 3‐1 ある22歳の医学生の手紙
      • 3‐2 21歳から28歳
      • 3‐3 28歳 才能の死という危機
      • 3‐4 28歳から35歳「死と再生」
      • 3‐5 バイオグラフィー3 30歳と33歳の間の体験
      • 3‐6 バイオグラフィー4 
      • 3‐7 35歳、そして35歳から42歳
      • 3‐8 バイオグラフィー5
      • 3‐9 42歳の危機
      • 3‐10 バイオグラフィー6
    • 4. 42歳から63歳までの段階「人間として成熟する」--- 霊的成長期
      • 4‐1 42歳から49歳 新たに創造し、新たに観る
      • 4‐2 49歳から56歳 新たに傾聴する
      • 4‐3 バイオグラフィー7
      • 4‐4 56歳から63歳「合一的認識の側面」
      • 4‐5 バイオグラフィー8 メルヒェンとして語られる人生
    • 5. 人生の晩年
    • 6. バイオグラフィーにおけるリズムと鏡映関係
  • 第2部 自分のバイオグラフィーに取りくむ
    • 7. 方法について
    • 8. 人生の動機 --- 目的を持つことの意味
    • 9. 目標設定のヒント
    • 10. 自分でおこなうバイオグラフィーワークのための設問
    • 11. 著者のバイオグラフィー
  • 訳註
  • 参考文献
  • 訳者あとがき

【著者について】グードルン・ブルクハルト(Gudrun Burkhard)
1929年、ドイツ人の両親のもとブラジルに生まれる。医師。サンパウロでアントロポゾフィー医療のトビアス・クリニックを創設。1977年よりバイオグラフィーワークのコースをブラジルとヨーロッパで開き、サンパウロにバイオグラフィーワークのためのセンター「アルテミージア」を開設。2002年、72歳でフロリアノーポリスに芸術療法の学校を設立し、自らも学ぶ。近年は、80歳からの生き方を多くの人にインタビューした著書を出版。
【訳者について】樋原裕子(ひばらゆうこ)
1962年、島根県に生まれる。バイオグラフィーワーカー、オイリュトミー療法士。2012年よりシュタイナー教育の現場でオイリュトミー療法士として働くかたわら、2015年より(社)バイオグラフィーワーク・ジャパン主催の養成コースでコースリーダー、コーティーチャーを務めている。バイオグラフィーワーカーズ・ジュピター会員。
寸法:横 約13.7cm×縦 約19.5cm×厚み 約23mm
320ページ
   
[ご注文]
バイオグラフィーワーク入門[新装版] 本
バイオグラフィーワーク入門[新装版]
3,520円(税込)
購入個数・・・




 トップ > > バイオグラフィーワーク入門[新装版]
Copyright © 2004-2022 press328.com All Rights Reserved
上に戻る▲